花火大会

彩夏祭花火大会2019の日程や穴場スポットまとめ!打ち上げ場所/よさこい/来場者数にも注目!

彩夏祭花火大会の詳しい日程やアクセスなどはご存知でしょうか?

彩夏祭当日はとても混み合いますので、駐車場や花火が見える穴場スポットも押さえておきたいですよね。

また、彩夏祭といえば、花火大会と同じくらいよさこいも注目ですよね!

そんな彩夏祭よさこいの参加チームやスケジュール、会場場所などもお伝えしていきますよ。

2019年の彩夏祭を存分に楽しむために、ぜひ参考にしてくださいね。

楽天たびノートで彩夏祭の口コミや周辺の宿の情報をチェック>>>

彩夏祭花火大会の日程やアクセス、駐車場

彩夏祭花火大会、第36回を迎える2019年の日程は、

  • 前夜祭:8/2(金)
  • 本祭1日目:8/3(土)
  • 本祭2日目:8/4(日)

という三部構成で行われます。

 

なお、打ち上げ花火は、キャンプ朝霞跡地にて本祭1日目の8/3(土)19:15頃から約1時間にわたって行われる予定です。

荒天の場合は、翌日同時刻に順延されます。

 

そんな彩夏祭の会場は、

  • 朝霞会場
  • 北朝霞会場

これら2か所のメイン会場を設けて行われます。

 

朝霞会場へのアクセスは、東武東上線の朝霞駅南口から通常であれば徒歩5分の距離です。

朝霞会場の詳しい地図はこちら>>>

 

なお、彩夏祭当日は混雑が予想されるため、10分ほどかかると見積もっておいた方が良いでしょう。

混雑が少ない和光市駅で降りるのもおすすめです。

 

また、彩夏祭のもう一つの会場である北朝霞会場へのアクセスは、朝霞駅の隣の駅である朝霞台駅から徒歩5分です。

もしくは、JR武蔵野線北朝霞駅を利用しても、通常であれば徒歩5分ほどの距離にあります。

 

お近くの方は、「北朝霞公園野球場」とお伝えした方が馴染みがあるかもしれませんね。

北朝霞会場の詳しい地図はこちら>>>

 

こちらの会場も、彩夏祭当日は混雑が予想されます。

そのため、到着までに10分ほどかかると見積もっておいた方が良いでしょう。

 

なお、車でお越しの場合は、お近くの駐車場を利用するのがおすすめです。

朝霞駅周辺の駐車場情報はこちら>>>

なお、周辺駐車場が満車の場合は、「いなげや大泉学園」近くの駐車場が穴場なのでおすすめです。

穴場の駐車場はこちら>>>

花火会場からは少し離れているため徒歩だと30分かかりますが、念のため覚えておくと便利ですよ。

ちなみに、臨時バスを利用することもできます。

彩夏祭花火大会の打ち上げ場所、穴場スポットや有料席

彩夏祭花火大会の見える場所や穴場スポットは、

  1. 青葉台公園
  2. 朝霞西高校の裏側道路
  3. 丸亀製麺朝霞青葉台の横駐車場
  4. あかね公園
  5. 和光樹林公園
  6. 光が丘公園

これらがおすすめです。

 

1.青葉台公園は穴場スポットとしては認知度も高めですが、花火会場からも近く、綺麗に花火を見ることができます。

飲食もできるため、ゆっくり花火鑑賞したい方は、なるべく早めに場所取りすることをおすすめします。

 

2.朝霞西高校の裏側道路は、青葉台公園と朝霞西高校を隔てた道路です。

見やすい青葉台公園から一本路地に入るだけで、一気に穴場になるのでおすすめです。

 

3.丸亀製麺朝霞青葉台の横駐車場も花火鑑賞しやすい穴場スポットです。

ただし、夕方前には場所取りする人も出てきます。

 

早めに場所取りしておくと確実ですよ。

4.あかね公園は、木があるため打ち上がった花火を見るには良い穴場スポットです。

 

3.丸亀製麺朝霞青葉台の横駐車場が混雑していた場合には、こちらで花火鑑賞をするのがおすすめです。

5.和光樹林公園は、花火会場からは少し離れますが、車で行きやすく、混雑も少ないのでおすすめです。

 

そのほか、6.光が丘公園は花火の迫力には欠けますが、静かに花火を見たい方におすすめの穴場スポットです。

また、彩夏祭花火大会の有料席は、

  • マス席→8,000円(8名まで利用可)
  • 人工芝生席→一般500円、小・中学生200円

となっています。

 

なお、彩夏祭花火大会の有料席はかなりお得なので、募集とともに売り切れとなることが予想されます。

そのため、有料席をご希望の場合は、早めに購入するようにしましょう。

 

彩夏祭花火大会の有料席について詳しくはこちら↓

https://saikasai.com/post-10026

彩夏祭花火大会の見どころや来場者数

彩夏祭花火大会は、「朝霞の夏の風物詩」ともいわれ、来場者数は3日間合計で70万人にものぼります。

彩夏祭の詳細はこちら↓

https://saikasai.com/introduction

 

そんな彩夏祭の見どころは何と言っても、9000発もの花火と、よさこいです。

そのほかにも、3日間合わせて35以上のイベントが企画されており、子供から大人まで楽しむことができるのも魅力です。

 

彩夏祭のイベント情報はこちら↓

https://saikasai.com/history/history_summary_2018

 

また、彩夏祭では屋台も300店ほどと大変多く出店します。

そして、どの屋台もおいしいと評判なんですよ。

 

彩夏祭の見どころは、本当にたくさんで迷ってしまいますよね。

ですから、どのイベントに参加するか、あらかじめ計画を立てておくことがおすすめです。

 

昨年の彩夏祭パンフレットで予習しておきましょう↓

https://saikasai.com/wp-content/pdf/p2011.pdf

彩夏祭よさこいの参加チームやスケジュール、会場場所

彩夏祭といえば、花火同様によさこいもメインイベントの一つです。

2019年の彩夏祭よさこい参加チームは、こちらのページに随時更新される予定です↓

https://saikasai.com/yosakoi_team

 

今年はどんなチームが鳴子大賞をとるのか、今からとても楽しみですね。

また、彩夏祭よさこいスケジュール、および会場場所はこちらのページをご確認ください↓

https://saikasai.com/yosakoi/yosakoi_youkou-2019

 

彩夏祭よさこいは、踊りを覚えて一緒に踊ることもできますよ。

ぜひ参加して、一緒に彩夏祭を盛り上げましょう。

 

彩夏祭よさこいについてはこちら↓

https://saikasai.com/yosakoi

彩夏祭の公式ホームページはこちら↓

https://saikasai.com/

楽天たびノートで彩夏祭の口コミや周辺の宿の情報をチェック>>>

-花火大会

Copyright© いんふぉ埼玉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.